大学数学

写像.5 像と逆像に関する演算

像と逆像に関する演算

ここでは、像と逆像に関する演算についてまとめておきます。


◆Prop.SetTop.3.5.1.

f \colon X \rightarrow Y を写像、A,B \subset X とし、U,V \subset Y とする。
また、I を添字の集合、(A_i)_{i \in I} を各 i につき A_i \subset X であるような集合族、(U_i)_{i \in I} を各 i につき U_i \subset Y であるような集合族とする。

  1.  f(A \cap B) \subset f(A) \cap f(B)
  2.  f(A \cup B) = f(A) \cup f(B)
  3.  f^{-1}(U \cap V) = f^{-1}(U ) \cap f^{-1}(V)
  4.  f^{-1}(U \cup V) = f^{-1}(U ) \cup f^{-1}(V)
  5.  f(A) \subset U  \Leftrightarrow A \subset f^{-1}(U)
  6.  A \subset f^{-1}( f(A))
  7.  f(f^{-1}(U)) \subset U
  8.  A \subset B \Rightarrow f(A) \subset f(B)
  9.  U \subset V \Rightarrow f^{-1}(U) \subset f^{-1}(V)
  10.  f^{-1}( U \verb|\| V ) = f^{-1}(U) \verb|\| f^{-1}(V) 特に  f^{-1}( Y \verb|\| U ) = X \verb|\| f^{-1}(U)
  11.  (f|_{A})^{-1}(U)= A \cap f^{-1}(U)
  12.  f( \bigcap_{i \in I} A_i) \subset \bigcap_{i \in I} f(A_i)
  13.   f( \bigcup_{i \in I} A_i) = \bigcup_{i \in I} f(A_i)
  14.  f^{-1}( \bigcap_{i \in I} U_i) = \bigcap_{i \in I} f^{-1}(U_i)
  15.   f^{-1}( \bigcup_{i \in I} U_i) = \bigcup_{i \in I} f^{-1}(U_i)

■Prf.

1.

8.を示せば、 f(A \cap B) \subset f(A) および  f(A \cap B) \subset f(B) が成り立つことからただちにしたがう。

2.

8.を示せば、f(A \cup B) \supset f(A) および f(A \cup B) \supset f(B) が成り立つから、f(A \cup B) \supset f(A) \cup f(B) である。

また、y \in f(A \cup B) をとると、定義よりある x \in A \cup B が存在して y=f(x) とかける。ここで、x \in A のとき f(x) \in f(A)x \in B のとき f(x) \in f(B) であるから、y=f(x) \in f(A) \cup f(B)
したがって、f(A \cup B) \subset f(A) \cup f(B)
よって示された。

3.

    \begin{align*} f^{-1}(U \cap V) &= \{ x \in X \mid f(x) \in U \cap V \} \\ &= \{ x \in X \mid f(x) \in U \land f(x) \in V \} \\ &= \{ x \in X \mid x \in f^{-1}(U) \land x \in f^{-1}(V) \} \\ &= f^{-1}(U ) \cap f^{-1}(V) \end{align*}

4.

    \begin{align*} f^{-1}(U \cup V) &= \{ x \in X \mid f(x) \in U \cup V \} \\ &= \{ x \in X \mid f(x) \in U \lor f(x) \in V \} \\ &= \{ x \in X \mid x \in f^{-1}(U) \lor x \in f^{-1}(V) \} \\ &= f^{-1}(U ) \cup f^{-1}(V) \end{align*}

5.

\Rightarrow を示す。
x \in A のとき、f(x) \in f(A) \subset U であるから、x \in f^{-1}(U) である。
\Leftarrow を示す。
y \in f(A) とすると、ある x \in A が存在して y=f(x) とかける。A \subset f^{-1}(U) であるから、x \in f^{-1}(U) であり、y=f(x) \in U である。

6.

x \in A のとき f(x) \in f(A) だから x \in f^{-1}(f(A))

7.

y \in f(f^{-1}(U)) とすると、ある x \in f^{-1}(U) が存在して、y=f(x) とかける。x \in f^{-1}(U) だから、y=f(x) \in U である。

8.

y \in f(A) をとると、ある x \in A が存在して、y=f(x) とかける。ここで、A \subset B であるから、x \in B
よって、y=f(x) \in f(B) である。

9.

x \in f^{-1}(U) をとると、f(x) \in U \subset V だから x \in f^{-1}(V)

10.

    \begin{align*} f^{-1}( U \backslash V ) &= \{ x \in X \mid f(x) \in U \backslash V \} \\ &= \{ x \in X \mid f(x) \in U \land f(x) \notin V \} \\ &= \{ x \in X \mid x \in f^{-1}(U) \land x \notin f^{-1}(V) \} \\ &= f^{-1}(U ) \backslash f^{-1}(V) \end{align*}

特に、x \in X のとき f(x) \in Y であり、かつ f^{-1}(Y) は定義よりX の部分集合であるから、f^{-1}(Y)=X
これに上の式を適用して  f^{-1}( Y \verb|\| U ) = X \verb|\| f^{-1}(U) を得る。

11.

\subset を示す。
f|_{A}A から Y への写像であるから、逆像の定義より  (f|_{A})^{-1}(U) \subset A である。また、x \in (f|_{A})^{-1}(U) のとき  f|_{A}(x) =f(x) \in U であるから、x \in f^{-1}(U) したがって、 (f|_{A})^{-1}(U) \subset f^{-1}(U)
よって、 (f|_{A})^{-1}(U) \subset A \cap f^{-1}(U)
\supset を示す。
x \in  A \cap f^{-1}(U) をとると、 f|_{A}(x) =f(x) \in U であるから、 x \in (f|_{A})^{-1}(U)

12.

i \in I について、f( \bigcap_{i \in I} A_i) \subset f(A_i) であることからしたがう。

13.

i \in I について、 f( \bigcup_{i \in I} A_i) \supset  f(A_i) であるから、 f( \bigcup_{i \in I} A_i) \supset \bigcup_{i \in I} f(A_i) である。

y \in f( \bigcup_{i \in I} A_i) をとると、ある x \in \bigcup_{i \in I} A_i) が存在して、y=f(x) とかける。ある i \in I が存在して x \in A_i であるが、このとき y=f(x) \in f(A_i) である。ゆえに、y=f(x) \in \bigcup_{i \in I} f(A_i) であるから、 f( \bigcup_{i \in I} A_i) \subset \bigcup_{i \in I} f(A_i) である。

14.

    \begin{align*}  f^{-1}( \bigcap_{i \in I} U_i) &= \{ x \in X \mid f(x) \in \bigcap_{i \in I} U_i \} \\ &= \{ x \in X \mid \forall i \in I ,f(x) \in U_i \} \\ &= \{ x \in X \mid \forall i\in I, x \in f^{-1}(U_i) \} \\ &= \bigcap_{i \in I} f^{-1}(U_i) \end{align*}

15.

    \begin{align*}  f^{-1}( \bigcup_{i \in I} U_i) &= \{ x \in X \mid f(x) \in \bigcup_{i \in I} U_i \} \\ &= \{ x \in X \mid \exists i \in I ,f(x) \in U_i \} \\ &= \{ x \in X \mid \exists i\in I, x \in f^{-1}(U_i) \} \\ &= \bigcup_{i \in I} f^{-1}(U_i) \end{align*}



Rem.1.

1.および12.について、一般に等号は成立しません。例えば、A,B はともに空集合でないが、A \cap B は空集合になってしまうケースを考えれば、明らかに等号が成り立ちません。

一方で、3.および4.や、14.および15.が示すように、逆像についてはいつでも等号が成立します。このことはある意味で、像よりも逆像の方が良い性質を持っていると考えることができます。



Rem.2.

6.および7.についても、一般に等号は成立しません。こちらについては具体例を挙げてみましょう。



◇Ex.SetTop.3.5.2.

X= \{1,2,3,4,5\},Y=\{10,20,30,40,50,60,70\}
A=\{1,2\} \subset X,U= \{10,20,30 \} \subset Y とし、
f \colon X \rightarrow Y
f(1)=f(2)=f(3)=10,f(4)=f(5)=20 で定義します。

f(A)=\{10\} であり、f^{-1}(f(A))= \{1,2,3 \} \supsetneq A となります。
f^{-1}(U)= \{1,2,3,4,5\} であり、f(f^{-1}(U))= \{10,20\} \subsetneq U となります。


 

関連記事

  1. 大学数学

    集合.16 集合の濃度.1 濃度の定義と比較方法

    有限集合と無限集合、濃度直観的に意味がわかると思うのでここまで…

  2. 大学数学

    写像.12 商集合の普遍性

    商集合の普遍性商集合を普遍性によって特徴付けます。…

  3. 大学数学

    集合.1 集合と元(要素)、よく使う集合

    大学の数学書がなかなか初学者に読めない理由いざ興味を持って大学…

  4. 大学数学

    写像.3 写像の合成

    写像の合成高校数学で合成関数というものをやったかと思いますが、…

  5. 大学数学

    論理記号.4 ~がただ一つ存在する、定義

    \( \exists ! \) ~がただ一つ存在する\( \e…

  6. 大学数学

    写像.13 集合の準同型定理、引き起こされる写像

    集合の準同型定理Prop.SetTop.3.12.1.を応用す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    写像.4 逆写像
  2. 大学数学

    集合.9 積集合(一般の場合)
  3. 大学数学

    集合.3 補集合、差集合
  4. 大学数学

    集合.20 選択公理
  5. 大学数学

    集合.7 積集合(n個の場合)
PAGE TOP
error: Content is protected !!