大学数学

写像.3 写像の合成

写像の合成

高校数学で合成関数というものをやったかと思いますが、より一般に2つの写像 f \colon X \rightarrow Yg \colon Y \rightarrow Z があるとき( f の行き先と g の定義域が一致していることが重要です)、fg合成(写像)を考えることができます。


◆Def.SetTop.3.3.1.

f \colon X \rightarrow Yg \colon Y \rightarrow Z を写像とするとき、写像 g \circ f \colon X \rightarrow Z

  (g \circ f)(x) \overset{\mathrm{def}}{=} g(f(x))

で定め、fg の合成(写像)という。


写像の合成については、次の結合法則が成り立ちます。


◆Prop.SetTop.3.3.2.

f \colon X \rightarrow Y,g \colon Y \rightarrow Z,h \colon Z \rightarrow W を写像とすると、

(h \circ g) \circ f = h \circ (g \circ f)

が成り立つ。したがって、単に h \circ g \circ f と書いて問題ない。


■Prf.

x \in X とすると、

((h \circ g) \circ f )(x)=(h \circ g)(f(x))=h(g(f(x)))=h((g \circ f)(x))=  (h \circ (g \circ f))(x)

である。 □



◇Ex.SetTop.3.3.3.

f \colon \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R},f(x) = x^2
g \colon \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R},g(x) = x^2+1

とすると、g \circ f および f \circ g が定義できて、

(g \circ f)(x)=g(f(x))=g(x^2)=(x^2)^2+1=x^4+1
(f \circ g)(x)=f(g(x))=f(x^2+1)=(x^2+1)^2=x^4+2x^2+1

です。

一般に、g \circ f が定義できたとしても  f \circ g が定義できるとは限らないし、定義できたとしてもこの例のように g \circ f \neq  f \circ g であることが普通です。

すなわち、写像の合成に関しては一般には交換法則は成り立たないので注意しましょう。


 

関連記事

  1. 大学数学

    集合.21 上界、下界、上限、下限、最大元、最小元、極大元、極小元

    上界、下界、上限、下限、最大元、最小元、極大元、極小元整列可能…

  2. 大学数学

    論理記号.4 ~がただ一つ存在する、定義

    \( \exists ! \) ~がただ一つ存在する\( \e…

  3. 大学数学

    写像.11 直和の普遍性

    直和の普遍性直和とは何かを集合と元を用いて具体的に記述すること…

  4. 大学数学

    写像.7 全射の性質

    全射の性質全射であることを同値な条件で言い替えることで特徴付け…

  5. 大学数学

    論理記号.3 すべての、~が存在する

    \( \forall \) すべての、任意の集合 \( X \…

  6. 大学数学

    集合.16 集合の濃度.1 濃度の定義と比較方法

    有限集合と無限集合、濃度直観的に意味がわかると思うのでここまで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    集合.15 集合の演算
  2. 大学数学

    集合.3 補集合、差集合
  3. 大学数学

    集合.1 集合と元(要素)、よく使う集合
  4. 大学数学

    論理記号.4 ~がただ一つ存在する、定義
  5. 大学数学

    集合.16 集合の濃度.1 濃度の定義と比較方法
PAGE TOP
error: Content is protected !!