大学数学

写像.2 全射、単射、全単射、像、逆像、制限、拡張

全射、単射、全単射

既に集合の濃度のところで一度やりましたが、全射、単射、全単射についてそのまま載せておきましょう。後ほどこれらの性質についてさらに踏み込んでいきます。


◆Def.SetTop.3.2.1.

f  \colon X \rightarrow Y を写像とする。

\forall y \in Y, \exists x \in X \, \mathrm{s.t} \,  f(x)=y のとき、f全射

\forall a,b \in X, f(a)=f(b) \Rightarrow a=b のとき、f単射

f全射かつ単射であるとき、全単射であるという。


f全射であるというのは、全がすべてを意味するように、すべての y \in Y は少なくとも一つの x \in X から写像によって移ってきたものであるということです。(二つ以上から移って来る場合もあります)

f単射であるというのは、定義の対偶を取ってみればわかるのですが、

a \neq b \Rightarrow f(a) \neq f(b)

すなわち、異なるものは必ず違うところへ行くということなので、同じ行き先 y \in Y に送られる x \in X は高々一つしか存在しないということです。(一つも存在しない場合もあります)この高々一つという意味合いを単という字で表しています。

f全単射であるというのは、全射単射を合わせて考えると、すべての y \in Y は少なくとも一つの x \in X から移ってきて、かつそのような x は高々一つしか存在しないということなので、ただ一つ存在するということになります。

よって、次が成り立ちます。


◆Prop.SetTop.3.2.2.

f \colon X \rightarrow Y は全単射である \Leftrightarrow \forall y \in Y, \exists! x \in X \, \mathrm{s.t.} \, f(x)=y


f全単射のとき、一つの x \in X に対してちょうど一つの y \in Y が対応することになるので一対一対応であるとも言います。

例については、集合の濃度の記事を参照下さい。

像、逆像

写像 f \colon X \rightarrow Y があるとき、X の部分集合 Af によって Y のどこに移るのか、もしくは Y の部分集合 B に移ってくるような X の元は何かということを考えるのは自然な発想です。

前者をという概念として、後者を逆像という概念として定義します。


◆Def.SetTop.3.2.3.

f \colon X \rightarrow Y を写像とし、A \subset X,B \subset Y とする。

f(A) \overset{\mathrm{def}}{=} \{ y \in Y \mid \exists x \in A,y=f(x) \}

Af による像という。

f^{-1}(B) \overset{\mathrm{def}}{=} \{ x \in X \mid f(x) \in B \}

Bf による逆像(あるいは引き戻し)という。



Rem.1. 定義から f(A) は移る先なので Y の部分集合であり、f^{-1}(B) は引き戻される先なので X の部分集合です。



Rem.2. AB が一点 \{x\}\{y\} のときは、f( \{x\})f^{-1}( \{y\})f(x)f^{-1}(y) と書かれることが多いです。特に写像の定義から一つの元の行き先は必ず一つなので、Y部分集合 f( \{x\})としての f(x)しばしば同一視されます。一方で、f^{-1}( \{y\})必ずしも一点とは限りません。無数の元からなる集合であったり、逆に空集合であることもあります。



◇Ex.SetTop.3.2.4.

X = \{1,2,3,4,5\},Y=\{1,2,3,4,5,6,7\} とし、f \colon X \rightarrow Y

f(1)=1,f(2)=1,f(3)=2,f(4)=2,f(5)=3

で定めます。すると、

f(\{1,2\})= \{1\}
f(\{1,3\})= \{1,2\}
f^{-1}( \{1\} )=\{1,2\}
f^{-1}( \{2\} )=\{3,4\}
f^{-1}( \{1,3\} )=\{1,2,5\}
f^{-1}( \{4\} )=\emptyset
f^{-1}( \{3,4\} )=\{5\}
f^{-1}( \{4,5,6,7\} )=\emptyset

となります。

ちなみに、f( \emptyset )= \emptyset, f^{-1}(\emptyset ) = \emptyset です。こちらについては任意の写像でこうなります。


制限、拡張

写像 f \colon X \rightarrow Y があるとき、X の部分集合 A の範囲に制限して考えたいことや、逆に X を含むより大きな集合 X'拡張して考えたいことがあります。

そこで、写像の制限や拡張の概念を定義しておきましょう。


◆Def.SetTop.3.2.5.

f \colon X \rightarrow Y を写像とし、A \subset X \subset X' とする。

写像 f |_{A} \colon A \rightarrow Yf |_{A}(x) = f(x),x \in A で定め、fA への制限という。

写像 g \colon X' \rightarrow Y について、g |_{X} = f であるとき、gfX' への拡張であるという。



◇Ex.SetTop.3.2.6.

\mathbb{C} における絶対値関数 | \,\, |_{\mathbb{C}} \colon \mathbb{C} \rightarrow \mathbb{C}z = x+yi,x,y \in \mathbb{R} に対して |z|_{\mathbb{C}}= \sqrt{x^2+y^2} で定めます。

一方で、\mathbb{R} における絶対値関数 | \,\, |_{\mathbb{R}} \colon \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R}x \in \mathbb{R} に対して |x|_{\mathbb{R}}= \sqrt{x^2} で定めます。

ここで、\mathbb{R} \subset \mathbb{C} なので、\mathbb{R} における絶対値関数の値域を   \mathbb{R} ではなく   \mathbb{C} としても問題ないので、そのように解釈します。

すると、| \,\, |_{\mathbb{R}} は | \,\, |_{\mathbb{C}}\mathbb{R} への制限になっており、逆に | \,\, |_{\mathbb{C}} は | \,\, |_{\mathbb{R}} の  \mathbb{C} への拡張になっています。


 

関連記事

  1. 大学数学

    写像.3 写像の合成

    写像の合成高校数学で合成関数というものをやったかと思いますが、…

  2. 大学数学

    集合.15 集合の演算

    集合の演算ここまで、べき集合、和集合、補集合、差集合、共通集合…

  3. 大学数学

    集合.17 集合の濃度.2 可算集合

    どこまでが高々可算集合なのか?自然数全体の集合 \( \mat…

  4. 大学数学

    集合.12 二項関係.2 同値関係

    同値関係前回、二項関係として恒等関係(=)や合同関係(≡)など…

  5. 大学数学

    集合.2 部分集合、べき集合

    部分集合集合 \( X,Y \) とします。\( X …

  6. 大学数学

    写像.7 全射の性質

    全射の性質全射であることを同値な条件で言い替えることで特徴付け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    写像.3 写像の合成
  2. 大学数学

    数の構成.1 自然数.1 ペアノシステムと自然数の構成
  3. 大学数学

    大学数学概説.4 大学3、4年生レベルの科目(幾何)
  4. 大学数学

    写像.11 直和の普遍性
  5. 大学数学

    大学数学概説.1 大学数学科の一般的なカリキュラム
PAGE TOP
error: Content is protected !!