大学数学

集合.23 ツォルンの補題

ツォルンの補題

代数学などにおいてよく用いられる選択公理と同値な命題として、ツォルンの補題というものがあります。選択公理との同値性の証明はしませんが、重要かつしばしば使われる定理であるためここで述べておきます。


◆Def.SetTop.2.23.1.

X を空でない順序集合とする。X の任意の空でない全順序部分集合が X に上界を持つとき、X は帰納的順序集合であるという。


ツォルンの補題は、次のように述べられます。


◆Thm.SetTop.2.23.2. (ツォルンの補題)

X を帰納的順序集合とする。X には少なくとも一つの極大元が存在する。


ここではこれ以上は説明しませんが、いずれツォルンの補題を用いて証明する命題が出て来るでしょう。

以上で集合を終わります。次は写像になります

これで集合に関する基本事項は一通り押さえたと思いますので、ひとまず終わりにしようと思います。お疲れ様でした。

次のセクションでは写像について見ていきます。既に必要最小限のところだけ写像を扱いましたが、より詳しく取り扱う予定です。

関連記事

  1. 大学数学

    大学数学概説.1 大学数学科の一般的なカリキュラム

    大学数学概説大学レベル以上の数学について、そもそもどんなものか…

  2. 大学数学

    論理記号.5 論理演算

    論理演算前回までで一通りよく使う論理記号については押さえました…

  3. 大学数学

    写像.13 集合の準同型定理、引き起こされる写像

    集合の準同型定理Prop.SetTop.3.12.1.を応用す…

  4. 大学数学

    集合.15 集合の演算

    集合の演算ここまで、べき集合、和集合、補集合、差集合、共通集合…

  5. 大学数学

    写像.1 写像の定義

    今回から写像についてやっていきます写像は関数を一般化した概念で…

  6. 大学数学

    集合.20 選択公理

    選択公理実は今までも暗に使っていたのですが、次のことは公理とみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    集合.11 二項関係.1 順序
  2. 大学数学

    集合.3 補集合、差集合
  3. 大学数学

    集合.13 同値類と集合の分割
  4. 大学数学

    大学数学概説.2 大学1、2年生レベルの科目
  5. 大学数学

    論理記号.1 よく使う論理記号一覧、命題
PAGE TOP
error: Content is protected !!