大学数学

集合.23 ツォルンの補題

ツォルンの補題

代数学などにおいてよく用いられる選択公理と同値な命題として、ツォルンの補題というものがあります。選択公理との同値性の証明はしませんが、重要かつしばしば使われる定理であるためここで述べておきます。


◆Def.SetTop.2.23.1.

X を空でない順序集合とする。X の任意の空でない全順序部分集合が X に上界を持つとき、X は帰納的順序集合であるという。


ツォルンの補題は、次のように述べられます。


◆Thm.SetTop.2.23.2. (ツォルンの補題)

X を帰納的順序集合とする。X には少なくとも一つの極大元が存在する。


ここではこれ以上は説明しませんが、いずれツォルンの補題を用いて証明する命題が出て来るでしょう。

以上で集合を終わります。次は写像になります

これで集合に関する基本事項は一通り押さえたと思いますので、ひとまず終わりにしようと思います。お疲れ様でした。

次のセクションでは写像について見ていきます。既に必要最小限のところだけ写像を扱いましたが、より詳しく取り扱う予定です。

関連記事

  1. 大学数学

    集合.3 補集合、差集合

    補集合集合 \( A \) は全体集合 \( X \) の部分…

  2. 大学数学

    論理記号.5 論理演算

    論理演算前回までで一通りよく使う論理記号については押さえました…

  3. 大学数学

    写像.10 積集合の普遍性

    積集合の普遍性積集合とは何かを集合と元を用いて具体的に記述する…

  4. 大学数学

    集合.14 商集合

    商集合前回の話で、同値類が集合の分割を与えるので、同値類をすべ…

  5. 大学数学

    写像.7 全射の性質

    全射の性質全射であることを同値な条件で言い替えることで特徴付け…

  6. 大学数学

    大学数学概説.2 大学1、2年生レベルの科目

    微分積分学大学1、2年生で、数学科に限らず理系のかなりの割合の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    集合.8 「同一視する」という考え方
  2. 大学数学

    論理記号.3 すべての、~が存在する
  3. 大学数学

    写像.10 積集合の普遍性
  4. 大学数学

    論理記号.4 ~がただ一つ存在する、定義
  5. 大学数学

    集合.21 上界、下界、上限、下限、最大元、最小元、極大元、極小元
PAGE TOP
error: Content is protected !!