大学数学

集合.20 選択公理

選択公理

実は今までも暗に使っていたのですが、次のことは公理とみなされています。


◆Axiom.SetTop.2.20.1. (選択公理)

I を任意の集合とし、(X_i)_{i \in I } を任意の集合族とすると、\prod_{ i \in I} X_i \neq \emptyset


このように書くとものものしいですが、つまりはどのような集合族をもってきたとしても、それぞれの集合の中から1つずつ元を選び出すという操作ができる(積集合の元は、それぞれの集合の中から1つずつ元を選び出す写像なので、積集合が空でないということは、そのような操作ができることを保証している)ということを意味しています。

これは I が有限集合のときは当たり前にできることです( I の濃度が n なら、単に n 個の元のペアを作るのと同じことになります)が、I が無限集合のときにも同じような操作ができることを保証するのが選択公理です。

実は、選択公理はわたしたちが通常使っている集合の公理系(ZF公理系と言います)からは肯定も否定も証明できない命題であることがわかっています。(なので公理とされています)

ですが、普通の数学では選択公理を認めた方が色々と便利なので、通常は選択公理を認める立場を取ります。

選択公理と同値な命題

選択公理と同値な命題と知られているものに、整列可能定理とツォルンの補題というものがあります。同値であることの証明は結構難しいのでここではしませんが、特にツォルンの補題は代数学でよく用いられるため、重要な命題です。慣習的に補題と言われていますが、定理と呼ばれるもの並みに重要な命題である例となっています。

関連記事

  1. 大学数学

    写像.11 直和の普遍性

    直和の普遍性直和とは何かを集合と元を用いて具体的に記述すること…

  2. 大学数学

    写像.1 写像の定義

    今回から写像についてやっていきます写像は関数を一般化した概念で…

  3. 大学数学

    集合.6 共通集合と和集合(一般の場合)

    共通集合と和集合(一般の場合)添字集合と集合族の概念を使って、…

  4. 大学数学

    集合.21 上界、下界、上限、下限、最大元、最小元、極大元、極小元

    上界、下界、上限、下限、最大元、最小元、極大元、極小元整列可能…

  5. 大学数学

    集合.10 直和(非交和、無縁和)

    直和(非交和、無縁和)◆Def.SetTop.2.…

  6. 大学数学

    集合.9 積集合(一般の場合)

    積集合(一般の場合)準備はできましたので、一般の集合族 \( …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    集合.8 「同一視する」という考え方
  2. 大学数学

    集合.16 集合の濃度.1 濃度の定義と比較方法
  3. 大学数学

    集合.9 積集合(一般の場合)
  4. 大学数学

    写像.13 集合の準同型定理、引き起こされる写像
  5. 大学数学

    写像.10 積集合の普遍性
PAGE TOP
error: Content is protected !!