大学数学

集合.10 直和(非交和、無縁和)

直和(非交和、無縁和)


Def.SetTop.2.10.1.

I を集合、(A_i)_{ i \in I を集合族とする。
和集合 \bigcup_{i \in I } A_i に関し、任意の i,j \in I に対して A_i \cap A_j = \emptyset が成り立つとき、和集合は直和(非交和、無縁和)であるといい、\bigcup_{i \in I } A_i\amalg_{i \in I } A_i と表す。


和集合をなすそれぞれの集合が互いに交わらない(共通部分を持たない)とき、和集合を直和と呼ぶと言う約束をします。

しかしながら、一般には集合が交わる(共通部分を持つ)ケースも考えられます。このような場合にも直和を考えたいときがあり、テクニカルですが次のようにします。

例えば、集合 A,B を考えます。一般的には A \cap B = \emptyset とは限らないわけですが、A,B添字を付けたコピーを作ることで「ずらします」。

A のコピーとして A \times \{1 \}B のコピーとして B \times \{ 2 \} を考えると、  (A \times \{1 \}) \cap (B \times \{ 2 \}) = \emptyset となります。したがって、

 (A \times \{1 \}) \cup (B \times \{ 2 \}) \subset (A \cup B) \times \{ 1,2 \}

はDef.SetTop.2.10.1.の意味での直和となります。

このようにして、人為的に直和を作り出すことができます。

一般の集合族  (A_i)_{ i \in I に対しては、それぞれの A_ii を添字したコピーを作って「ずらします」。


Def.SetTop.2.10.2.

I を集合、(A_i)_{ i \in I を集合族とする。
(A_i)_{ i \in I の直和を

  \amalg_{i \in I } A_i  \overset{\mathrm{def}}{=} \{ (x,i) \mid \forall i \in I, x \in A_i \} \subset \bigcup_{i \in I } A_i \times I

と定義する。


集合 A_iA_i \times \{ i \} と同一視して考えると、任意の i,j について A_i \cap A_j = \emptyset が成り立つときは、Def.SetTop.2.10.1.の意味での直和と同一視して考えることができます。

 

集合.11へ>

<集合.9へ

記事一覧(大学数学.1)に戻る

関連記事

  1. 大学数学

    写像.2 全射、単射、全単射、像、逆像、制限、拡張

    全射、単射、全単射既に集合の濃度のところで一度やりましたが、全…

  2. 大学数学

    論理記号.4 ~がただ一つ存在する、定義

    \( \exists ! \) ~がただ一つ存在する\( \e…

  3. 大学数学

    集合.12 二項関係.2 同値関係

    同値関係前回、二項関係として恒等関係(=)や合同関係(≡)など…

  4. 大学数学

    写像.13 集合の準同型定理、引き起こされる写像

    集合の準同型定理Prop.SetTop.3.12.1.を応用す…

  5. 大学数学

    集合.22 整列可能定理、超限帰納法

    整列集合と整列可能定理前回定義した用語を用いて、整列集合を定義…

  6. 大学数学

    集合.14 商集合

    商集合前回の話で、同値類が集合の分割を与えるので、同値類をすべ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    集合.1 集合と元(要素)、よく使う集合
  2. 大学数学

    論理記号.5 論理演算
  3. 大学数学

    集合.3 補集合、差集合
  4. 大学数学

    写像.5 像と逆像に関する演算
  5. 大学数学

    写像.7 全射の性質
PAGE TOP
error: Content is protected !!