大学数学

集合.18 集合の濃度.3 連続体濃度を持つ集合

非可算集合

可算濃度 \aleph_0 よりも濃度が大きな集合を非可算集合と言うのでした。最終的に対角線論法というものを用いて、実数全体の集合 \mathbb{R} が非可算であることを示しますが、その前に \mathbb{R} と同じ連続体濃度  \aleph を持つ集合について少し調べておきましょう。

連続体濃度を持つ集合


◆Prop.Set&Top.2.17.1.

a,b \in \mathbb{R},a<b とすると、
\mathbf{card}((a,b)) = \mathbf{card}(\mathbb{R})= \aleph


■Prf.

f \colon (a,b) \rightarrow \mathbb{R}

f(x) = \frac{x- \frac{b+a}{2}}{(x-a)(b-x)}, x \in (a,b)

と定義すると、f は全単射となる。

実際、任意の r \in \mathbb{R} に対して、ただ一つ x \in (a,b) が存在して f(x) = r となることを示す。

r=0 のとき、f(x) =0 より x= \frac{b+a}{2} を得る。

r \neq 0 のとき、f(x) = r より  x- \frac{b+a}{2} = r(x-a)(b-x) を解くと、

x= \frac{ b+a - \frac{1}{r} \pm \sqrt{ (b-a)^2+ \frac{1}{r^2}}}{2}

を得る。ここで、

r >0 のとき
\frac{ b+a - \frac{1}{r} - \sqrt{ (b-a)^2+ \frac{1}{r^2}}}{2} < \frac{ b+a - \frac{1}{r} - (b-a)}{2} < a 
a< \frac{b+a}{2}< \frac{ b+a - \frac{1}{r} + \sqrt{ (b-a)^2+ \frac{1}{r^2}}}{2} < \frac{ b+a - \frac{1}{r} + (b-a) + \frac{1}{r}}{2} = b 
r <0 のとき
\frac{ b+a - \frac{1}{r} + \sqrt{ (b-a)^2+ \frac{1}{r^2}}}{2} > \frac{ b+a - \frac{1}{r} + (b-a)}{2} > b 
a=  \frac{ b+a - \frac{1}{r} -( (b-a) - \frac{1}{r} )}{2} < \frac{ b+a - \frac{1}{r} - \sqrt{ (b-a)^2+ \frac{1}{r^2}}}{2} < \frac{b+a}{2} < b 

であるから、確かに任意の r \in \mathbb{R} に対して、ただ一つ x \in (a,b) が存在して f(x) = r となっている。

よって、f は全単射であることから示された。 □



◆Prop.Set&Top.2.17.2.

a,b,c,d \in \mathbb{R},a<b,c<d とすると、
(ⅰ) \mathbf{card}((a,b)) = \mathbf{card}((c,d))
(ⅱ) \mathbf{card}([a,b]) = \mathbf{card}([c,d])
(ⅲ) \mathbf{card}([a,b)) = \mathbf{card}([c,d))
(ⅳ) \mathbf{card}((a,b]) = \mathbf{card}((c,d])
(ⅴ)  \mathbf{card}((a,b)) = \mathbf{card}([a,b]) =\mathbf{card}([a,b)) = \mathbf{card}((a,b])

したがって、空集合または一点である場合を除き、開区間、閉区間、半開区間の濃度は \aleph に等しい。


■Prf.

(ⅰ)~(ⅳ)

f \colon [a,b] \rightarrow [c,d]

f(x)= c + \frac{d-c}{b-a}(x-a)

で定めると、f[a,b] から [c,d] への全単射になっている。

さらに f は、(a,b) から (c,d)[a,b) から [c,d)(a,b] から (c,d] への全単射にもなっている。

よって、示された。

(ⅴ)

まず、\mathbf{card}((a,b)) \leq \mathbf{card}([a,b)) を示す。

(a,b) \subset [a,b) から、次のような包含写像 i \colon (a,b) \rightarrow [a,b),i(x) = x, x \in (a,b) は単射となる。

したがって、 \mathbf{card}((a,b)) \leq \mathbf{card}([a,b)) である。

同様に、(a,b) \subset [a,b) \subset [a,b] \subset (a-1,b+1) より、 \mathbf{card}((a,b)) \leq \mathbf{card}([a,b)) \leq \mathbf{card}([a,b]) \leq \mathbf{card}((a-1,b+1))

であり、一方で先ほど証明した (ⅰ) より

 \mathbf{card}((a,b)) =  \mathbf{card}((a-1,b+1))

したがって、ベルンシュタインの定理から、

\mathbf{card}((a,b)) = \mathbf{card}([a,b)) = \mathbf{card}([a,b]) = \mathbf{card}((a-1,b+1))

\mathbf{card}((a,b)) = \mathbf{card}((a,b]) も同様にして示される。 □



◆Prop.Set&Top.2.17.3.

a \in \mathbb{R} とすると、

\mathbf{card}((a,+ \infty)) = \mathbf{card}([a,+ \infty)) = \mathbf{card}((- \infty,a)) = \mathbf{card}((- \infty,a])= \mathbf{card}(\mathbb{R})= \aleph


◆Prf.

\mathbf{card}((a,+ \infty)) = \mathbf{card}(\mathbb{R}) を示す。

f \colon (a, + \infty ) \rightarrow \mathbb{R}

f(x) = \log(x-a), x>a で定義すると、f は全単射である。よって、\mathbf{card}((a,+ \infty)) = \mathbf{card}(\mathbb{R}) が成り立つ。

\mathbf{card}((- \infty,a)) = \mathbf{card}(\mathbb{R}) を示す。

g \colon (- \infty,a) \rightarrow \mathbb{R}

g(x) = \log(a-x), x<a で定義すると、g は全単射である。よって、\mathbf{card}((- \infty,a)) = \mathbf{card}(\mathbb{R}) が成り立つ。

\mathbf{card}((a,+ \infty)) = \mathbf{card}([a,+ \infty)) については、(a,+ \infty) \subset [a,+ \infty) \subset (a-1,+ \infty) から、Prop.Set&Top.2.17.2.(ⅴ) の証明と同様にして従う。

 \mathbf{card}((- \infty,a)) = \mathbf{card}((- \infty,a]) についても同様。 □


実は、 \mathbf{card}(\mathbb{R}^2)=  \mathbf{card}(\mathbb{R}) なども成り立つ(平面と直線の点の濃度は等しい)のですが、それは次回やりましょう。

 

<集合 その16へ

記事一覧(大学数学)に戻る

関連記事

  1. 大学数学

    写像.11 直和の普遍性

    直和の普遍性直和とは何かを集合と元を用いて具体的に記述すること…

  2. 大学数学

    写像.5 像と逆像に関する演算

    像と逆像に関する演算ここでは、像と逆像に関する演算についてまと…

  3. 大学数学

    集合.21 上界、下界、上限、下限、最大元、最小元、極大元、極小元

    上界、下界、上限、下限、最大元、最小元、極大元、極小元整列可能…

  4. 大学数学

    写像.1 写像の定義

    今回から写像についてやっていきます写像は関数を一般化した概念で…

  5. 大学数学

    写像.7 全射の性質

    全射の性質全射であることを同値な条件で言い替えることで特徴付け…

  6. 大学数学

    集合.1 集合と元(要素)、よく使う集合

    大学の数学書がなかなか初学者に読めない理由いざ興味を持って大学…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    写像.7 全射の性質
  2. 大学数学

    集合.22 整列可能定理、超限帰納法
  3. 大学数学

    集合.1 集合と元(要素)、よく使う集合
  4. 大学数学

    集合.17 集合の濃度.2 可算集合
  5. 大学数学

    大学数学概説.2 大学1、2年生レベルの科目
PAGE TOP
error: Content is protected !!