大学数学

集合.8 「同一視する」という考え方

写像を少しだけ予習

一般の場合の積集合を定義するためには、写像という概念がどうしても必要になってきます。写像について詳しくは集合の話が一通り終わった後でやりますが、とりあえず必要な分だけ予習しておきます。


Def.SetTop.2.8.1.

X,Y を集合とする。

X の各元 x に対して、それぞれただ一つの Y の元 y を対応させる規則を X から Y への写像と言う。
fX から Y への写像であるとき、f : X \rightarrow Y と書く。また、各 x の行き先は定義よりただ一つに定まるため、その行き先を f(x) と書く。x の行き先が f(x) であることを x \mapsto f(x) と書く。

写像の書き表し方

    \[ \begin{array}{rccc} f \colon X \longrightarrow  Y \\ x \longmapsto f(x) \end{array} \]

論理記号を用いて写像の定義を書くと、次のようになる。

fX から Y への写像である」
\overset{\mathrm{def}}{\Leftrightarrow}
\ \forall x \in X \, \exists! \, y=f(x) \in Y


中学や高校で習ったと思いますが、関数というものがありますよね。各 x に対してそれぞれ y が決まるものでした。写像というのは、関数を一般の集合に拡張して定義したものです。

大学ではむしろ写像の定義が先にきて、関数は写像の特別なものと考えます。特に、数の集合 (\mathbb{R}\mathbb{C} など)への写像のことを関数と言います。

また、fX から Y への写像であるとき、X定義域と言うことがあります。


Ex.SetTop.2.8.2.

X = \{ 1,2,3 \} , Y = \{ 1,2,3,4,5 \} とします。

規則 f,g,h をそれぞれ次のように定めます。

f : 1 \mapsto 2,2 \mapsto 5,3 \mapsto 2
g : 1 \mapsto 2,2 \mapsto 53 ,3 \mapsto 2
h : 1 \mapsto 2,2 \mapsto 5

すると、f は写像ですが、g,h は写像ではありません。

なぜなら、g2 の行き先が2つあり、h3 の行き先が定められていないからです。


写像の相等

f \colon X \rightarrow Y, g \colon X \rightarrow Y とします。f,g はどちらも X から Y への写像です。

定義から、写像というのは各 x \in X に対してただ一つの y \in Y を定めるものです。したがって、各 x \in X の行き先を決めてしまえば、写像というのは自ずと定まります。

そこで、写像 fg が等しいことを次のように定義します。


Def.SetTop.2.8.3.

f=g \overset{\mathrm{def}}{\Leftrightarrow} \forall x \in X , f(x)=g(x)


すなわち、すべての x \in X に対し、その行き先がすべて等しいとき、fg は等しいと考えます。


Ex.SetTop.2.8.4.

次の写像 f,g \colon \mathbb{R}[x] \rightarrow \mathbb{R} を考えます。

    \[ \begin{array}{rccc} f \colon \mathbb{R}[x] \longrightarrow  \mathbb{R} \\ p(x) \longmapsto p( \alpha ) \end{array} \]

    \[  g \colon \mathbb{R}[x] \longrightarrow  \mathbb{R} \]

p(x) \longmapstop(x)x- \alpha で割った余り)

このとき、f=g が成立します。

なぜなら、p(x)x- \alpha で割ると、

p(x) = (x- \alpha ) q(x) + r

となり、p( \alpha ) = r となるからです。すべての p(x) \in \mathbb{R}[x] についてこの関係は成り立つので、写像として f=g となります。



Ex.SetTop.2.8.5.

X = \{ 1,2,3 \} , Y = \{ 1,2,3,4,5 \} とします。

写像 ff(1)=2,f(2)=3,f(3) = 5 で定め、写像 gg(1)=2,g(2)=3,g(3)=4 で定めます。

このとき、f \neq g です。

なぜなら、f(3) \neq g(3) だからです。たとえ f(1)=g(1),f(2)=g(2) であっても、少なくとも一つの元に対してその行き先が等しくなければ、写像としては等しくありません。


積集合の別定義(2個の場合)

写像を用いて積集合の別定義をしてみましょう。これから示す別定義の考え方を発展させていって、一般の場合の積集合を定義していきます。


Def.SetTop.2.8.6.

X,Y を集合とする。XY積集合 X \times Y を次のように定義する。

X \times Y \overset{\mathrm{def}}{=} \{ f \colon \{1,2 \} \rightarrow X \cup Y \mid f(1) \in X \land f(2) \in Y \}


……はい。初見だとさっぱり意味がわかりませんね。私も苦労しました。

上の定義とは何を言っているのかというと、X \times Y の元とは、1 に対して X の元 x を対応させ、2 に対して Y の元 y を対応させる写像 f だと言っているのです。

12 を順番だと思うと、1 番目に X の元 x を選び、 2 番目に Y の元 y を選んでいるのだと解釈することができます。

ここで、前回の余談で話したことが大切になってきます。「 (x,y) \in X \times Y というのは、 X から xY から y を順に選び出したものである」ということです。

したがって、見た目はまったく違うのですが、x  y のペア (x,y) を考えることと、 1 番目に x を選び、 2 番目に y を選ぶような写像 f は実質的に同じものだと見なせるということです。

これを同一視すると言います。

実質的に同じものだと少しでも感じられるように、このようにして考えてみましょう。上の定義で f(1) = x \in X ,f(2) = y \in Y のとき、f(x,y) と書くことにします。

ここで、(x,y)定義上は、あくまで f(1) = x \in X ,f(2) = y \in Y であるような写像であることに注意して下さい。しかし実際、写像であることを忘れてしまうと、あたかも xy のペア (x,y) であるかのように見えます。そして実際に同じ性質を持っています。

※上の写像による定義で、\{1,2 \} からの行き先が X \cup Y となっていますが、これは写像の行き先として XY を含む十分に大きな集合としたいための技術的なもので、本質的に重要なことではありません。大事なのは  f(1) \in X \land f(2) \in Y という条件(性質)です。


Ex.SetTop.2.8.7.

X = \{ 10,20 \} , Y = \{ 10,20,30 \} とします。

従来の定義では、

X \times Y = \{ (10,10),(10,20),(10,30),(20,10),(20,20),(20,30) \}

です。

写像を用いた新たな定義では、

X \times Y = \{ f \colon \{1,2 \} \rightarrow \{ 10,20 \} \cup  \{ 10,20,30 \} \mid f(1) \in  \{ 10,20 \} \land f(2) \in  \{ 10,20,30 \} \}

となります。

f(1) = x \in X ,f(2) = y \in Y のとき、f(x,y) と書く記法で、X \times Y の元をすべて書き下してみましょう。

写像 f定義域の各元に対してその行き先が決まれば決まってしまうのでした。なので今回は \{ 1,2 \} の各元 1,2 の行き先 f(1),f(2) を定めれば写像は決まります。

そして、X \times Y の定義から、今回の例では f(1) \in  \{ 10,20 \} \land f(2) \in  \{ 10,20,30 \} という条件がついています。

したがって、取り得る f(1),f(2) のペア (  f(1),f(2) ) としては、

(  f(1),f(2) )=(10,10),(10,20),(10,30),(20,10),(20,20),(20,30)

となります。したがってこれらを、例えば (10,10) については f(1) =10,f(2) =10 であるような写像だと考えると、

    \begin{align*} X \times Y &= \{ f \colon \{1,2 \} \rightarrow \{ 10,20 \} \cup  \{ 10,20,30 \} \mid f(1) \in  \{ 10,20 \} \land f(2) \in  \{ 10,20,30 \} \}  \\ &=  \{ (10,10),(10,20),(10,30),(20,10),(20,20),(20,30) \} \end{align*}

となります。二つの定義が実質的に一致すること、したがって同一視できることが例からもわかります。


積集合の別定義(n個の場合)

積集合の新しい定義が優れているところは、拡張性に優れていることです。

2個の集合に対する積集合は \{1,2 \} からの写像として定義されました。

n 個の集合に対する積集合\{1,2, \dots , n \} からの写像としてまったく同じように定義することができます。

そして、写像というものは別に有限個の元(有限濃度)の集合である必要はないため、無限集合や一般の集合に対しても積集合を定義することができるのです。

では、n 個の場合の写像を用いた定義を述べていきましょう。


Def.SetTop.2.8.8.

X_1,X_2, \dots , X_n を集合とする。X_1,X_2, \dots , X_n の積集合 X_1 \times X_2 \times \dots \times X_n を次のように定義する。

    \[ X_1 \times X_2 \times \dots \times X_n \overset{\mathrm{def}}{=} \{ f \colon \{1,2, \dots , n \} \rightarrow \bigcup_{i=1}^{n} X_i \mid \forall i =1,2, \dots , n \hspace{10px} f(i) \in X_i  \} \]


※やはり、\{1,2, \dots ,n \} からの行き先が  \bigcup_{i=1}^{n} X_i となっていますが、これは写像の行き先として X_1,X_2, \dots , X_n を含む十分に大きな集合としたいための技術的なもので、本質的に重要なことではありません。ここでも、大事なのは  \forall i =1,2, \dots , n \hspace{10px} f(i) \in X_i という条件(性質)です。i に対して行き先 f(i) がそれぞれ X_i に入っていること、逆の見方をすれば各 X_i から順に一つずつ元を選び取っているということが積集合を特徴付けます。

 

集合.9へ>

<集合.7へ

記事一覧(大学数学.1)に戻る

関連記事

  1. 大学数学

    集合.12 二項関係.2 同値関係

    同値関係前回、二項関係として恒等関係(=)や合同関係(≡)など…

  2. 大学数学

    集合.20 選択公理

    選択公理実は今までも暗に使っていたのですが、次のことは公理とみ…

  3. 大学数学

    集合.23 ツォルンの補題

    ツォルンの補題代数学などにおいてよく用いられる選択公理と同値な…

  4. 大学数学

    論理記号.3 すべての、~が存在する

    \( \forall \) すべての、任意の集合 \( X \…

  5. 大学数学

    大学数学概説.1 大学数学科の一般的なカリキュラム

    大学数学概説大学レベル以上の数学について、そもそもどんなものか…

  6. 大学数学

    論理記号.2 否定、かつ、または、~ならば、同値記号

    \( \lnot \) 否定\( P \) を命題とすると、\…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    集合.20 選択公理
  2. 大学数学

    集合.2 部分集合、べき集合
  3. 大学数学

    集合.13 同値類と集合の分割
  4. 大学数学

    写像.6 標準的な写像の例
  5. 大学数学

    写像.13 集合の準同型定理、引き起こされる写像
PAGE TOP
error: Content is protected !!