大学数学

集合.6 共通集合と和集合(一般の場合)

共通集合と和集合(一般の場合)

添字集合と集合族の概念を使って、一般の集合族 (A_i)_{ i \in I } に対して共通集合 \bigcap_{i \in I} A_i 和集合 \bigcup_{i \in I} A_i を定義します。

共通集合は (A_i)_{ i \in I } に属するすべての集合に含まれる元の集合、和集合は (A_i)_{ i \in I } に属する集合のうち少なくとも一つに含まれる元の集合として定義されます。したがって、


Def.SetTop.2.6.1.

    \[ \bigcap_{i \in I} A_i \overset{\mathrm{def}}{=} \{ x \mid \forall i \in I , x \in A_i \} \]

    \[ \bigcup_{i \in I} A_i \overset{\mathrm{def}}{=} \{ x \mid \exists i \in I , x \in A_i \} \]


となります。

特に I = \mathbb{N} のときは、\bigcap_{n \in \mathbb{N}} A_n や \bigcup_{n \in \mathbb{N}} A_n をそれぞれ \bigcap_{n = 0}^{ \infty } A_n や \bigcup_{n = 0}^{ \infty } A_n などと表すこともあります。


Ex.SetTop.2.6.2.

I = \{ 1,2 \} とすれば、\bigcap_{i \in I} A_i \bigcup_{i \in I} A_i はそれぞれ A_1 \cap A_2A_1 \cup A_2 を表します。

I = \{ 1,2, \dots , n \} とすれば、\bigcap_{i \in I} A_i \bigcup_{i \in I} A_i はそれぞれ A_1 \cap A_2 \cap  \dots \cap  A_nA_1 \cup A_2 \cup  \dots \cup  A_n を表します。

I = [0,1] とすれば、\bigcap_{i \in I} A_i \bigcup_{i \in I} A_i を具体的に書き表すことはもはやできませんが、0 以上 1 以下の各実数 i に対応する各 A_i について、共通集合や和集合を考えていることになります。



Ex.SetTop.2.6.3.

A_n = [0, \frac{1}{n} ], n \in \mathbb{N}^{+}= \{ 1,2, \dots , n, \dots  \} とすると、

    \[ \bigcap_{n = 1}^{ \infty } A_n = \{ 0 \} \]

    \[ \bigcup_{n = 1}^{ \infty } A_n = [0,1] \]

となります。

\bigcup_{n = 1}^{ \infty } A_n = [0,1] となるのは、[0,1] \supset [0,1/2] \supset [0,1/3]  \supset \cdots となることから明らかです。

\bigcap_{n = 1}^{ \infty } A_n = \{ 0 \} については、任意の正の実数 r >0 について、r > 1/n となるような n を取ると、r \notin A_n となり、一方、任意の n について、0 \in A_n であることからわかります。


 

集合.7へ>

<集合,5へ

記事一覧(大学数学.1)に戻る

関連記事

  1. 大学数学

    集合.4 共通集合と和集合(n個の場合)

    共通集合集合 \( A,B \) の共通集合を次のように定義し…

  2. 大学数学

    集合.20 選択公理

    選択公理実は今までも暗に使っていたのですが、次のことは公理とみ…

  3. 大学数学

    集合.3 補集合、差集合

    補集合集合 \( A \) は全体集合 \( X \) の部分…

  4. 大学数学

    集合.14 商集合

    商集合前回の話で、同値類が集合の分割を与えるので、同値類をすべ…

  5. 大学数学

    写像.7 全射の性質

    全射の性質全射であることを同値な条件で言い替えることで特徴付け…

  6. 大学数学

    集合.19 集合の濃度.4 対角線論法と連続体濃度を持つ集合

    対角線論法集合 \( X \) のべき集合は \( 2^{X}…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    論理記号.4 ~がただ一つ存在する、定義
  2. 大学数学

    集合.22 整列可能定理、超限帰納法
  3. 大学数学

    集合.11 二項関係.1 順序
  4. 大学数学

    集合.14 商集合
  5. 大学数学

    論理記号.6 否定の作り方
PAGE TOP
error: Content is protected !!