大学数学

集合.5 添字集合と集合族

添字集合と集合族

より一般の場合の共通集合や和集合を考えるために、添字集合および集合族という概念を導入します。

添字集合は普通 I,J などで表されます。

ここでは、I を添字集合としましょう。

I の各元 i に対して、それぞれ集合 A_i を割り当てます。これを集合族(族は英語でclass)と言い、(A_i)_{i \in I },\{A_i \}_{i \in I } などと書きます。

I は、文脈上 I が具体的に何であるか明らかなとき、あるいは I が任意の集合であるときなどには、しばしば省略されます。そういった場合、(A_i)_{i },\{A_i \}_{i } などと書きます。


Ex.SetTop.2.5.1.

簡単な場合から順に例を示していきます。

I = \{ 1,2 \} とすれば、(A_i)_{i \in I} とは A_1,A_2 のことを表します。

I = \{ 1,2, \dots , n \} とすれば、(A_i)_{i \in I} とは A_1,A_2, \dots , A_n のことを表します。

I = \mathbb{N} とすれば、(A_i)_{i \in \mathbb{N} とは A_0,A_1, \dots , A_n, \dots のことを表します。この場合、特に (A_i)_{i=0}^{ \infty } とも書きます。

I = [0,1] とすれば、(A_i)_{i \in I} を具体的に書き表すことはもはやできません。例えば、A_0, A_{0.5},A_{0.33 \cdots }, A_{ \sqrt{2} / 2 } などが (A_i)_{i \in I} に属する集合です。

I = \mathbb{R} とすれば、(A_t)_{t \in \mathbb{R} とは、実数 t によってパラメータ付けられた集合族などと言うことがあります。例えば、A_e,A_{ \pi } などもこの族に属します。


 

集合.6へ>

<集合.4へ

記事一覧(大学数学.1)に戻る

関連記事

  1. 大学数学

    集合.7 積集合(n個の場合)

    積集合( \(n \) 個の場合)例えば、\( x,y \in…

  2. 大学数学

    写像.13 集合の準同型定理、引き起こされる写像

    集合の準同型定理Prop.SetTop.3.12.1.を応用す…

  3. 大学数学

    集合.3 補集合、差集合

    補集合集合 \( A \) は全体集合 \( X \) の部分…

  4. 大学数学

    論理記号.2 否定、かつ、または、~ならば、同値記号

    \( \lnot \) 否定\( P \) を命題とすると、\…

  5. 大学数学

    写像.6 標準的な写像の例

    標準的な写像の例今回はいくつかの標準的な写像について例を挙げて…

  6. 大学数学

    集合.17 集合の濃度.2 可算集合

    どこまでが高々可算集合なのか?自然数全体の集合 \( \mat…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    集合.18 集合の濃度.3 連続体濃度を持つ集合
  2. 大学数学

    集合.12 二項関係.2 同値関係
  3. 大学数学

    写像.11 直和の普遍性
  4. 大学数学

    集合.4 共通集合と和集合(n個の場合)
  5. 大学数学

    集合.2 部分集合、べき集合
PAGE TOP
error: Content is protected !!