大学数学

集合.4 共通集合と和集合(n個の場合)

共通集合

集合 A,B共通集合を次のように定義します。


Def.SetTop.2.4.1.

A \cap B \overset{\mathrm{def}}{=} \{ x \, | \, x \in A \land x \in B \}


すなわち、A の元でありかつ B の元でもあるすべての元の集合が AB の共通集合です。

より一般に n 個の場合でも共通集合を定義することができます。

集合 A_1,A_2, \dots ,A_n の共通集合は


Def.SetTop.2.4.2.

A_1 \cap A_2 \cap \cdots \cap A_n \overset{\mathrm{def}}{=} \{ x \, | \, \forall i =1,2, \dots ,n \hspace{10px} x \in A_i \}


となります。

すなわち、A_1,A_2, \dots ,A_n の共通集合は、A_1,A_2, \dots ,A_nすべてに含まれる元の集合です。

A_1 \cap A_2 \cap \cdots \cap A_n

    \[ \bigcap_{i=1}^{n} A_i, \bigcap_{i=1, \dots ,n} A_i ,\bigcap_{i \in \{1, \dots ,n \} } A_i\]

とも書きます。

無限個の場合を含むさらに一般の場合があるのですが、それはまた後でやります。

和集合

集合 A,B和集合を次のように定義します。


Def.SetTop.2.4.3.

A \cup B \overset{\mathrm{def}}{=} \{ x \, | \, x \in A \lor x \in B \}


すなわち、A の元であるかまたは B の元であるすべての元の集合が AB の和集合です。

より一般に n 個の場合でも和集合を定義することができます。

集合 A_1,A_2, \dots ,A_n の和集合は


Def.SetTop.2.4.4.

A_1 \cup A_2 \cup \cdots \cup A_n \overset{\mathrm{def}}{=} \{ x \, | \, \exists i =1,2, \dots ,n \hspace{10px} x \in A_i \}


となります。

すなわち、A_1,A_2, \dots ,A_n の和集合は、A_1,A_2, \dots ,A_n少なくとも一つに含まれる元の集合です。

A_1 \cup A_2 \cup \cdots \cup A_n

    \[ \bigcup_{i=1}^{n} A_i, \bigcup_{i=1, \dots ,n} A_i ,\bigcup_{i \in \{1, \dots ,n \} } A_i\]

とも書きます。

無限個の場合を含むさらに一般の場合があるのですが、それはまた後でやります。


Ex.SetTop.2.4.5.

A = \{ 1,2,3 \} , B=\{ 3,4,5 \} とすると、

A \cap B = \{ 3 \}, A \cup B = \{ 1,2,3,4,5 \}

です。



Ex.SetTop.2.4.6.

A_i = [i,i+1],i=0,1, \dots ,n とすると、

    \[ \bigcap_{i=0}^{n} A_i = \{ 1,2, \dots , n \} , \bigcup_{i=0}^{n} A_i = [0,n+1] \]

となります。


 

集合.5へ>

<集合.3へ

記事一覧(大学数学.1)に戻る

関連記事

  1. 大学数学

    集合.22 整列可能定理、超限帰納法

    整列集合と整列可能定理前回定義した用語を用いて、整列集合を定義…

  2. 大学数学

    集合.3 補集合、差集合

    補集合集合 \( A \) は全体集合 \( X \) の部分…

  3. 大学数学

    数の構成.1 自然数.1 ペアノシステムと自然数の構成

    数の構成~自然数から複素数へ~前回まで、一般的な集合や写像の性…

  4. 大学数学

    集合.7 積集合(n個の場合)

    積集合( \(n \) 個の場合)例えば、\( x,y \in…

  5. 大学数学

    写像.5 像と逆像に関する演算

    像と逆像に関する演算ここでは、像と逆像に関する演算についてまと…

  6. 大学数学

    集合.21 上界、下界、上限、下限、最大元、最小元、極大元、極小元

    上界、下界、上限、下限、最大元、最小元、極大元、極小元整列可能…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    集合.8 「同一視する」という考え方
  2. 大学数学

    大学数学概説.3 大学3、4年生レベルの科目(代数)
  3. 大学数学

    写像.7 全射の性質
  4. 大学数学

    写像.1 写像の定義
  5. 大学数学

    集合.14 商集合
PAGE TOP
error: Content is protected !!