大学数学

論理記号.4 ~がただ一つ存在する、定義

\exists ! ~がただ一つ存在する

\exists で「~が存在する」ことを表しますが、この記号は存在さえすれば特にその個数についてはこだわらないものになっています。

ただ一つしか存在しないことを特に言明したいときには、\exists! を使います。!マークには「ただ一つしかないんだ」という感動と熱い想いが込められています。(嘘です)


Ex.SetTop.1.4.1.

\mathbb{R} で、実数全体の集合を表します。

「任意の実数 x に対し、x+a=0 を満たす実数 a はただ一つ存在する」という命題を考えます。この命題は真であり、わたしたちはこの a-x と書くのでした。さて、この命題を論理式で書き表すと、

\forall x \in \mathbb{R} \, \exists! a \in \mathbb{R} \mbox{ s.t.}\, x+a=0

となります。


:=, \overset{\mathrm{def}}{=},\overset{\mathrm{def}}{\Leftrightarrow} 定義

何かを定義するときに使う記号です。

等式で書ける関係のとき、AB であると定義する際に、

A := B , A \overset{\mathrm{def}}{=} B

などと書きます。

条件(命題)で書ける関係のとき、PQ であると定義する際に、

P \overset{\mathrm{def}}{\Leftrightarrow} Q

などと書きます。


Ex.SetTop.1.4.2.

「10 以下の自然数の集合を N と定義する」

これを定義の記号を使って書くと、

N := \{1,2,3,4,5,6,7,8,9,10 \}N \overset{\mathrm{def}}{=} \{1,2,3,4,5,6,7,8,9,10 \}

のように書けます。

「関数 f(x)x=a で連続であるとは、任意の \epsilon >0 に対してある \delta >0 が存在し、|x-a|< \delta を満たすすべての x に対して |f(x)-f(a)| < \epsilon が成り立つことと定義する」

これを論理記号を使って書くと、

「関数 f(x)x=a で連続である」 \overset{\mathrm{def}}{\Leftrightarrow}

\forall \epsilon >0 \, \exists \delta >0,  ( |x-a| < \delta \Rightarrow |f(x)-f(a)|< \epsilon)

のように書けます。


 

論理記号.5へ>

<論理記号.3へ

記事一覧(大学数学.1)に戻る

関連記事

  1. 大学数学

    写像.9 圏、特別な射と記号、可換図式

    圏、特別な射ここで、あまり深入りはしませんが、圏論的な全射、単…

  2. 大学数学

    集合.9 積集合(一般の場合)

    積集合(一般の場合)準備はできましたので、一般の集合族 \( …

  3. 大学数学

    写像.12 商集合の普遍性

    商集合の普遍性商集合を普遍性によって特徴付けます。…

  4. 大学数学

    写像.2 全射、単射、全単射、像、逆像、制限、拡張

    全射、単射、全単射既に集合の濃度のところで一度やりましたが、全…

  5. 大学数学

    集合.20 選択公理

    選択公理実は今までも暗に使っていたのですが、次のことは公理とみ…

  6. 大学数学

    写像.8 単射の性質

    単射の性質単射であることを同値な条件で言い替えることで特徴付け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

  1. 大学数学

    集合.6 共通集合と和集合(一般の場合)
  2. 大学数学

    写像.10 積集合の普遍性
  3. 大学数学

    大学数学概説.5 大学3、4年生レベルの科目(解析)
  4. 大学数学

    集合.21 上界、下界、上限、下限、最大元、最小元、極大元、極小元
  5. 大学数学

    集合.16 集合の濃度.1 濃度の定義と比較方法
PAGE TOP
error: Content is protected !!